SSブログ

藤川靖彦インフィオラータ・アソシエイツ社長の作品とプロフィール [テレビ番組]

情熱大陸6月21日の特集は花絵師の藤川靖彦さん。
巨大な花の絵を作る人です。
th.jpg藤川靖彦.jpg
どんな絵を作るのかと藤川さんの会社の公式サイトを見て、その絵の
ダイナミックさ、浮世絵をアレンジしたすばらしさに圧倒されました。

今は亡き実母も畳一畳ほどのキャンパスに油絵具で花の絵をかく画家
でしたので懐かしくもありました。

母の絵だけでも大きいと思っていましたが、藤川さんのはスケールが
違います。

大地をキャンパスに見立てて草木や花びらだけで絵を描くのですから。

Sponsored Link







◆藤川靖彦(ふじかわ やすひこ)のプロフィール
・1961年4月 東京世田谷生まれ。

・日大芸術学部演劇学科を卒業

CM音楽の作曲やイベントプロデューサーとして幅広く活躍。

演劇学科を卒業したのに役者にはならず音楽やイベントのプロデュース
をしていたのです。

1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までとされるバブルの
崩壊により仕事が激減し一家心中を考えるほど絶望します。

この頃藤川さんは30代ですから、結婚もして一家の柱になった頃でしょう。
将来に絶望したのだと思われます。

なにしろそれまでが非常に景気が良い時代でしたから。

・2000年 39歳のときに転機が訪れます。

都市開発事業のイベントプロデュースを任され世界各地の花の祭典を調査中に、
インフィオラータの存在を知ります。

すぐさまイタリアを訪問した藤川さんは、インフィオラータの魅力に取りつかれ、
以来イタリアの花絵師のもとで修業を積み、現在までに160作を越える
インフィオラータを手がけています。

スポンサードリンク







◆インフィオラータって何?

インフィオラータとはイタリア語で花を敷き詰めるという意味でフラワー
カーペットのこと。

キリスト聖体祭に聖体のパレードを歓迎するためにイタリアの教会に続く道を
花で描かれたじゅうたんで飾ったのが始まり。

インフィオラータってすごいですね。なにしろスケールが大きい。町の道路を
じゅうたんで敷き詰めるのですから。

見た目は日本の田んぼアートと似ていますね。
田んぼアートもすばらしいですが。

スポンサードリンク







◆藤川靖彦がインフィオラータに新風を巻き起こした

藤川さんは日本伝統の歌舞伎の浮世絵を組み込み、「花歌舞伎」と呼ばれる
独自の作風を生み出したのです。

これまではキリスト教の宗教画の花絵が主だったのですから、歌舞伎を描いた
型破りの藤川さんの作品に世界中の花絵師たちが度肝を抜かれたのです。

ローマ法王も藤川さんの作品の虜になり、藤川さんは2014年、
サンピエトロ寺院にVIPとして招かれたほどです。

さらに今年(2015年)の6月、藤川さんはスペインで開催される世界最高峰
と言われるインフィオラータの祭典にも招かれていたのです。


番組では、新作の“花歌舞伎”を携えスペインに乗り込んだ藤川さんに密着。
レスラーのようにたくましい体格の藤川さんが倒れるほどに真剣に作品に
取り組む様子を取材するそうです。楽しみでたまりません。

日本でも活躍されているようですので、いつか実物を見に行こうと思います。

藤川靖彦さんの作品と会社はこちら>>>>http://www.infiorata88.com/

日本でインフィオラータを紹介しているいるサイトは
こちらです>>>>http://www.linfiorata.com/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。