SSブログ

恐竜化石の発掘名人で恐竜博士小林快次の経歴やプロフィール! [テレビ番組]

2015年9月7日のプロフェッショナル仕事の流儀は、北海道大学の恐竜
学者小林快次(こばやし よしつぐ)さんの登場です。
Tyrannosaurus.pngテラノザウルス.png

恐竜学者とはあまり聞かない学者さんだと思いましたら、
アメリカのダラスにあるサザンメソジスト大学の大学院で、日本人で
初めて、恐竜の博士号を取得した人物なのだそうです。

「ハヤブサ(ファルコン)の目」を持つと言われる小林快次さんは、
恐竜に関して次々と新発見をし、世界の注目を集めておられるのです。

9月7日の番組では、カナダの発掘現場やアラスカで、恐竜絶滅の謎に挑む
小林さんに密着するといいます。

なんだかドキドキしますね。どんな発見があるのでしょう。
恐竜に魅せられて、ついに恐竜学者になった小林快次さんの経歴を
追ってみました。

Sponsored Link







◆小林快次(こばやし よしつぐ)さんの経歴
th.jpg小林快次.jpg
・1971年 福井県生まれ(2015年現在43歳ぐらい)

私の娘と同年齢です。子供の数が多くて競争の激しい時代に生まれのです。

・中学1年生のときに恐竜の化石に出会い、毎日のように化石を探す日々を過ごす
ようになる。

福井県と言えば、数年前夫と旅行して、巨大な恐竜博物館を訪れたことを記憶
しています。

福井県立恐竜博物館は勝山市の恐竜の森にあって、日本一の恐竜化石発掘地であり
現在も発掘が行われていて、予約すれば、個人でも発掘体験ができるのです。

こんな環境に育ったから小林快次さんは、恐竜の化石に魅せられ、化石探しに
夢中になったのでしょう。当時は自由に化石探しができたのかも知れませんね。

なにしろ、日本一の恐竜化石発掘地なのですから。

福井県立恐竜博物館に収められている標本も半端じゃありません。
42体の恐竜全身骨格をはじめとする、千数百点もの標本、巨大復元ジオラマなど
圧巻でした。

現在は小林快次さんらの発見により、もっと進化していると思われます。
最近の恐竜は肌の色から体毛の有無まで分かってきて様変わりしているそうですから。

恐竜に興味がある人はぜひ福井県立恐竜博物館をお尋ねください。


・?年横浜国立大学に入学。 1年経たずに渡米。

横浜国立大学のどの学部に入学したのでしょう。
地質学や地球物理学を学ぶ学部はないようですが。

横浜国立大学は理工系で有名です。
恐竜では食べていかないからと、理工学部にでも入学したのでしょうか。
それでもやっぱり恐竜の研究がしたいと渡米したのだと思われます。


・1995年 米国ワイオミング大学地質学地球物理学科卒業。

ワイオミング大学では飛び級で学士優秀賞を取得したそうです。
飛び級で進級するだけでもすごいのに、優秀賞をもらうなんて、
よほどその学問、つまり恐竜に関係する学問に興味があり、
学ぶことが楽しかったからなんだと思われます。

・2004年、米国サザンメソジスト大学地球科学科で日本人初の
 恐竜博士号取得。

その後は、国内だけでなくモンゴルや米国アラスカ州、カナダなどで
発掘調査を精力的に行う世界の恐竜研究の第一人者として活躍

・現在は 北海道大学准教授  専門分野 :古脊椎動物学

スポンサードリンク







◆小林快次さんの著書
  
 
 
 


小林快次さんの他の作品はこちら>>楽天市場へ

◆小林快次さんの名言

私の恐竜学魂は三日坊主を恐れない 

2014年2月9日BS日テレ(コージ魂で紹介) 


大阪万博で太陽の塔を作ったあの岡本太郎も 人工衛星はやぶさを奇跡的に地球に戻した 川口 淳一郎も 「三日坊主でも構わない」 自分のやりたいことに手を出してみるといい。
と言っています。

私もついついやりたいことにすぐ手をだして、三日坊主で
終わることが多いのですが、本当に好きなこと、自分に合って
いることは長続きするものです。

この言葉はまさに名言ですね。
なにが長続きするかはやってみなければ分からないのですからね。


◆小林快次さんのウェブ記事


連載 恐竜化石フィールド日誌

謎の恐竜の正体を突き止めた男

◆まとめ

小林快次さんの恐竜に対する興味と愛情に圧倒されました。

人間やはり好きなこと、熱中できることを探すべきです。

残り少ない人生ですが、これからも三日坊主を恐れずなんでも
やりたいことに手を出すつもりです。

探すだけの人生で終わってもいいのです。

スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 1

高橋

横浜国立大学教育学部地学教室と思われます。
by 高橋 (2017-05-11 01:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。